エレベーターに仕様ミス 岡山空港で日本オーチス

 

 国土交通省は22日、日本オーチス・エレベータ(東京)が、国交相が認定した仕様に適合しないエレベーター1台を岡山空港(岡山市)の国交省大阪航空局庁舎に設置していたと発表した。安全性に問題はなかったが、仕様に合わせるため15日に正しい部品への交換を終えた。

 扉が閉じる前にエレベーターが動いた時に自動的に動作を止める装置のブレーキが仕様と異なっていた。日本オーチスは社内の手続きミスと説明している。

 国交省は日本オーチスに再発防止を指示した。