新米のコシヒカリ270キロ盗まれる 新潟の見附

 

 新潟県見附市堀溝町の70代の農業男性が22日までに、30キロ入りの米袋に入った計約270キロ(約6万2千円相当)の新米のコシヒカリが自宅近くの農作小屋から盗まれたと見附署に届け出た。同署は窃盗事件として調べている。

 同署によると、男性は収穫した玄米52袋分を17日に小屋に運んで保管していたが、21日朝に出荷しようとした際、9袋がなくなっているのに気付いた。2カ所ある小屋のシャッターに鍵をかけていなかった。男性が19日昼に確認したときには異常はなかったという。

 収穫を迎えた新米の盗難事件は毎年起きており、同署は施錠を徹底するよう農家に呼び掛けている。