オランダに調査官派遣へ 石井啓一国交相、再発防止指示 航空機パネル落下で

 
大阪市中心部の国道に落下したKLMオランダ航空機のパネル。落下直後の23日午前10時59分に撮影=大阪市北区西天満

 関西空港を離陸したオランダ・アムステルダム行きKLMオランダ航空機からパネルが落下し、走行中の乗用車を直撃した事故で、運輸安全委員会は26日、週内にも機体があるオランダに航空事故調査官を派遣すると発表した。

 現地ではオランダの運輸安全当局のほか、製造国である米国の運輸安全委員会と連携。機体の整備状況を確認したり、KLM関係者からの聞き取りを実施したりする。

 石井啓一国土交通相は26日午前の閣議後記者会見で、KLMに対し「(運輸安全委員会の)調査の進捗を待たずに想定される原因を考慮して再発防止に取り組むよう指示した」とも述べた。

Read more