米国の3氏に医学・生理学賞 体内時計を解明

ノーベル賞
ノーベル医学・生理学賞を受賞した(左から)ジェフリー・C・ホール氏、マイケル・ロスバシュ氏、マイケル・W・ヤング氏=2日、スウェーデン・ストックホルム(ロイター)

 【ロンドン=岡部伸】スウェーデンのカロリンスカ研究所は2日、2017年のノーベル医学・生理学賞を、生物の体内時計の仕組みを解明した米国の遺伝学者でブランダイス大学のジェフリー・ホール名誉教授(72)、同じくマイケル・ロスバッシュ教授(73)、米国の時間生物学者でロックフェラー大学のマイケル・ヤング教授(68)に授与すると発表した。

 3人は、キイロショウジョウバエの遺伝子を調べ、これが体内時計を調節できることを発見した。この遺伝子情報によって作られるタンパク質は概日(がいじつ)リズムに応じて変化することを解明した。

 概日リズムとはほとんどの生命が地球の自転に同調して約24時間周期で変動する生理現象(体内時計)のことで、同研究所は3人が「分子レベルで体内時計が決まるメカニズムを発見した」ことを評価した。

 ロスバッシュ教授は、同研究所からの授賞の電話にしばらく沈黙した後、「冗談だろう」と喜びを語ったという。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計900万スウェーデンクローナ(約1億2500万円)は3氏で分ける。

 また、スウェーデン・アカデミーは2日、文学賞は5日午後1時(日本時間同8時)に発表すると明らかにした。

 英大手ブックメーカーは、ケニア出身の作家、グギ・ワ・ジオンゴ氏が1番人気で村上春樹氏が2位としている。

Read more