環境保護問題には「長期・総合的に対応」

提供:中国新聞

 中国環境保護省環境影響評価局の崔書紅局長は先ごろ北京で記者会見し、「環境保護に関する法律を厳格に執行すると、経済の発展に影響が出て、原材料価格の上昇につながるという見方があるが、これには賛成できない」と語り、環境保護問題は長期的かつ全体的、総合的に対応しなければならないと述べた。崔氏は「かつて一部の違法な汚染物質排出企業は環境保護コストを大幅に圧縮、あるいは全く投入せず、市場の秩序を破壊し、産業構造の高度化を阻害した」と批判。そのうえで「汚染物質排出企業に対する法に基づく監督・管理はすでに常態となった。すべての企業はこの常態に適応しなければならない」と強調した。(中国新聞社)

Read more