NHK会長「大変重く受け止めている」 31歳女性記者の過労死に言及

 
過労死が認定されたNHKの佐戸未和記者=平成25年4月、東京都内(NHK提供)

 NHKの上田良一会長は5日の定例会見で、2013年7月に首都圏放送センターに勤務していた佐戸未和記者=当時(31)=が長時間労働で過労死したことについて、「労災認定を受けたことを大変重く受け止めている。31歳という若さで娘を亡くしたご両親の心情を察するにあまりある」などと話した。

 佐戸記者の両親が「再発防止に全力を尽くしてもらいたい」などとするコメントを出したことについては「その言葉をしっかりと受け止め、引き続きご両親の協力も得ながら改革に取り組んでいく」とした。

Read more