子会社から1890万円着服、小僧寿し元社長に有罪判決 東京地裁

 

 子会社から約1890万円を着服したとして、業務上横領などの罪に問われた持ち帰りすしチェーン「小僧寿し」(東京)の元社長、大西好祐被告(54)に、東京地裁(前田巌裁判長)は5日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

 起訴状などによると、平成26年2~5月、子会社である「小僧寿しファイナンス」の口座から現金を引き出し、自分の借金返済に充てるなどしたとしている。

 被告は25年12月から小僧寿しの社長を務め、子会社社長も兼務。内部調査で社外への不適切な支出や財産隠しが発覚し、26年8月に辞任した。