「土浦に住んで」と市長アピール 結婚の引っ越し費用 20万円を上限に負担 茨城

 

 茨城県土浦市は、結婚を機に引っ越しする費用を20万円を上限に補助する制度を始めた。若者世代の結婚に伴う経済的負担を軽減することを目的としている。

 対象となるのは、今年10月から来年3月末までの間に婚姻届を提出し、土浦市に住民票がある▽平成28年分の夫婦の所得額の合計が340万円未満▽婚姻届提出時に夫婦がいずれも45歳以下▽市税や国民健康保険税の滞納がない-のすべてを満たしている世帯。

 引っ越し業者や運送業者に支払った実費を20万円を上限に補助し、10組を予定している。土浦市の中川清市長は「ぜひ、若い人に土浦に住んでほしい。引っ越し費用で多少なりとも応援したい」と話している。

 問い合わせは、土浦市こども福祉課少子化対策室(電)029・826・1111。