ノーベル文学賞 「イシグロ効果」で書店にぎわう、売り切れ続出

 
5日夜、イシグロノーベル文学賞に決まったカズオ・イシグロさん作品のコーナーを設置する書店員=東京都千代田区の三省堂書店神保町本店

 ノーベル文学賞受賞が決まった日系英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)。ビッグニュースから一夜明けた6日、東京都内の書店はイシグロ作品を買い求める人でにぎわい、在庫が売り切れる店も。出版不況に苦しむ書店業界からは「イシグロ効果」に期待する声が上がっている。

 東京都千代田区の三省堂書店神保町本店は入り口に近い棚に、英語版も含めたイシグロ氏の著作約50冊を陳列。「ノーベル賞受賞おめでとうございます」と書いたパネルも掲げた。

 午前10時の開店と同時に入店した客たちが次々とイシグロ作品を購入。約1時間半後には日本語版は売り切れ、店員に在庫を問い合わせる客の姿が多く見られた。東京都内に住む日本語教師、西己加子さん(50)は「(ブッカー賞を受けた)代表作『日の名残り』を買いたかったが、どの店も売り切れ。明日からの3連休に読みたいので、また別の店で探します」と話していた。

 三省堂書店神保町本店はノーベル賞の受賞決定後、イシグロ作品を出版する早川書房に1作当たり数百冊単位の追加注文をしたという。副本店長の松下恒夫さんは「物語は重厚だが、決して難解な作風ではないので読者層の広がりが期待できる。厳しい状況が続く書店業界にとっては非常に明るいニュース。多くの人が書店に足を運んで、いろいろな本に出合うきっかけになれば」と話した。

 一方、大手通販サイト「アマゾン」の本ランキングでは6日、上位7位までがイシグロさんの小説で“独占”された。

 6日午後1時現在、「本」カテゴリの売れ筋ランキングでは、(1)「日の名残り」(2)「わたしを離さないで」(3)「遠い山なみの光」(いずれもハヤカワepi文庫)-と、ベスト3を占めた。

 さらに、4位以下も(4)「わたしたちが孤児だったころ」(5)「夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」(6)「忘れられた巨人」(7)「浮世の画家」(同)-と、イシグロさんの小説が名を連ねている。

 いずれも「一時的に在庫切れ」「入荷時期は未定」などの表示が出ており、すぐに購入することは難しい状況。ただ、電子書籍版は「忘れられた巨人」を除き、即時購入することができる。

■イシグロ氏、もう一つの故郷が原動力 「いつか帰国するかもと思い生きてきた」

■イシグロ氏、来日時にルーツ再確認 村上春樹さんとは互いにファン公言

■ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏

■新たな「レンズ」通し「記憶」と向きあう 「忘れられた巨人」著者 カズオ・イシグロさん

■【書評】『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ著、土屋政雄訳