「裏切り者」…松井秀喜氏、大リーグ挑戦表明で明かした異様な思い (1/3ページ)

2013.8.4 18:31

ヤンキースタジアムでの満塁弾デビュー。松井はヘルメットを上げてファンに応えた=03年4月8日

ヤンキースタジアムでの満塁弾デビュー。松井はヘルメットを上げてファンに応えた=03年4月8日【拡大】

 〈巨人最終の2002年。松井秀喜はシーズン50本塁打を放ち、打点との2冠を制した。打率も自己最高の3割3分4厘を記録した。シリーズでは西武を下して日本一となり、終了後に大リーグ挑戦を表明した。会見では「これまで自分のわがままにふたをして考えないようにしてきましたが、最後まで夢というか、向こうに行きたいという気持ちが消えませんでした」と語った。少し異様とも思えたのは、自ら「何を言っても裏切り者といわれるかもしれない」と話したことだった〉

 僕はジャイアンツの4番バッターでしたから、責任あるポジションを任されていた人間として、フリーエージェントでチームを離れるということは、かなり大きな決断でした。

 ジャイアンツが僕に残ってほしいという気持ちは必ずあったと思いますから、それを振り切って(大リーグへ)行くということで、それなりの自分なりの覚悟は自然に芽生えました。

 「裏切り者」というあの表現が正しかったのかどうなのか、今でも分かりません。ただ、そう思われても仕方がないと思っていました。僕の気持ちとして、そう思ってしまった。そう映っても仕方がないと思ったんですね。

悲痛「もう二度とここに戻ることは許されないと…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!