食材から消えた「鮮、活、車、芝」 偽装表示問題で進む見直しの動き (1/3ページ)

2013.11.19 09:00

主な食材偽装問題での対応例

主な食材偽装問題での対応例【拡大】

 食材の偽装表示問題が発覚したホテルや百貨店などでメニュー表記を見直す動きが進んでいる。刺身からは「鮮魚」「活」といった表記が消え、「車エビ」「芝エビ」の表記は単なる「エビ」に変わった。「ビーフステーキ」は牛脂を注入した加工肉の使用をやめ、外国産の牛肉に切り替えた。問題のあった料理の販売停止も含め「正直ベース」の問題是正で再スタートを図っている。

 表記変更

 高さ300メートルと日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)に入る近鉄百貨店本店では、実態と異なったメニュー5品目の表記を変更した。テナントのレストランで「静岡産」としながら台湾産の桜エビを使用していたケースは正直に「台湾産」と明記するようにした。

 大丸心斎橋店(同市中央区)では「鮮魚のお造り」として冷凍品を使っていたメニューは単に「お造り」という表記に変更。大丸梅田店(同市北区)では「活ホタテ」との表記で生の冷蔵品を使っていたため「ホタテ」に変えた。

『とれたて』など曖昧な表現を含め間違いがないか検証

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。