黒子のバスケ脅迫「作者の成功やっかんだ」 防犯カメラ画像が決め手 (1/3ページ)

2013.12.16 06:28

 人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる脅迫事件で、15日に警視庁に逮捕された渡辺博史容疑者(36)は新たな脅迫文をポストに投函(とうかん)しようとしたところを取り押さえられ、「負けました」と素直に容疑を認めた。

 これまでに届いた脅迫文の消印は東京や埼玉、大阪などバラバラで、居住地などの特定が難航。逮捕の決め手は、複数の現場周辺の防犯カメラで捉えられた「不審者」だった。

 15日午後3時ごろ、東京都渋谷区のJR恵比寿駅近くにある商業施設「恵比寿ガーデンプレイス」。路上に置かれた郵便ポストに渡辺容疑者が近づくのを、警視庁の捜査員は見逃さなかった。封筒を投函しようとしたところで声をかけた。

 「ごめんなさい。負けました」

「指紋がつかないように細心の注意をしていた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。