【佐村河内さん謝罪会見】(7)「私は、絶対音感はありません」 (1/3ページ)

2014.3.7 13:29

 〈ここで佐村河内さんは立ち上がって深々と頭を下げた。質問に立ったのが顔見知りの人物だったようだ〉

 --あれから半年以上になりますが、こんな形で対峙(たいじ)、再会することになるとは思っていませんでした。残念に思います。あなたが望んでいたことは結局、たくさんの人を犠牲にしてまでも自分が有名になること、名声を得ることではなかったのか。結局、この騒動で、あなたは今まで以上に名前を知られることになった。それは現代のベートーベンとしてではなく、稀代(きたい)のペテン師として名を残すことになるのかもしれない。この状況を、どう考えているのか

 佐村河内さん「まず1点目について、人を利用したという気持ちはまったくありません。ただ、ここまで(自分の存在が)大きくなり巨大化して大騒動を引き起こしてしまい、妻にも言われました。まだ日本にとどまっていてバレてよかったと。もし世界に行って(世界的に知られるようになって)いたら、もっとたくさんの人に迷惑をかけていただろうと…」

 --名声を得たかったという気持ちがあったんじゃないんですか

 「信じてもらえるかどうかわかりませんが、さほどありませんでした」

さすがに罪悪感を覚えたのか、消え入るような声で

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。