【STAP細胞】笹井氏、生データなく説明不足…小保方氏との関係は「言い訳気味」

2014.4.16 22:47

会見する笹井芳樹・理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長=16日午後、東京都千代田区(小野淳一撮影)

会見する笹井芳樹・理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長=16日午後、東京都千代田区(小野淳一撮影)【拡大】

  • 会見する笹井芳樹・理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長=16日午後、東京都千代田区(小野淳一撮影)
  • 会見する笹井芳樹・理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長=16日午後、東京都千代田区(小野淳一撮影)
  • 会見する笹井芳樹・理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長=16日午後、東京都千代田区(小野淳一撮影)
  • 会見する笹井芳樹・理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長=16日午後、東京都千代田区(小野淳一撮影)
  • 会見で謝罪、頭を下げる笹井芳樹・理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長(中央)=16日午後、東京都千代田区(小野淳一撮影)
  • 会見する笹井芳樹・理化学研究所発生・再生科学総合研究センター副センター長(中央)ら=16日午後、東京都千代田区(小野淳一撮影)

 論文の執筆を主導した理研の笹井芳樹氏は、多くの疑念で信頼が揺らいだ事態を受け、STAP細胞の存在を仮説に戻すべきだとの判断を示した。疑惑浮上から2カ月後の表明で遅きに失したとはいえ、データの客観性を重視する科学者らしい態度であり、一定の評価はできる。

 その半面、笹井氏はSTAP細胞の存在を期待しているようにも見えた。不正認定された画像以外のデータを根拠に、ES細胞の混入説などを強く否定。「今まで知られている細胞でないことだけは確かだ」と述べ、検証すべき価値がある有力な仮説と強調した。

 不正問題については説明不足が目立った。不正を否定する小保方晴子氏の主張について所感を聞かれても核心部分への言及は避け、真相究明はほとんど前進しなかった。実験に関する新たな生データの開示もなく、科学界からの期待に応えたとは言えない。

 小保方氏への指導が不十分で、自身の責任の重さについては率直に認めた。しかし、直接の部下でなかったことから実験ノートは見なかったと釈明。また、研究に参加したのは終盤だけで、全体を統括することには限界があったと弁明するなど、言い訳とも受け取れる説明もあった。

 国内外の複数の研究室にまたがる研究プロジェクトについて、チェック体制をどう確保していくのか。笹井氏は細胞の存否だけでなく、指導的立場の研究者として多くの問題点を検証する必要がある。(長内洋介)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。