朝ドラヒットで再び注目 「赤毛のアン」の魅力をさぐる (1/3ページ)

2014.5.11 18:06

再放送中のアニメ「赤毛のアン」(NHKBSプレミアム月曜後6・30)cNIPPONANIMATIONCO.,LTD.“AnneofGreenGables(tm)AGGLA”

再放送中のアニメ「赤毛のアン」(NHKBSプレミアム月曜後6・30)cNIPPONANIMATIONCO.,LTD.“AnneofGreenGables(tm)AGGLA”【拡大】

  • 日本女子大の川端有子教授
  • 「花子とアン」に出演する(左から)浅田美代子、仲間由紀恵、吉高由里子、ともさかりえ、高梨臨

 翻訳家、村岡花子の半生を描くNHK連続テレビ小説「花子とアン」の放送開始から1カ月。序盤の視聴率は好調で、関連本が相次いで出版されるなど、村岡が初邦訳したカナダの女性作家、L・M・モンゴメリの「赤毛のアン」の世界にも改めて注目が集まっている。時代を超えて愛されてきた「アン」の魅力はどこにあるのだろうか。(三品貴志)

 カナダで1908年誕生

 モンゴメリが1908年に発表した「赤毛のアン」は、カナダのプリンス・エドワード島を舞台に、孤児のアンが自然や周囲の人々との交流をへて成長していく物語。第2作「アンの青春」をはじめ一連の作品群は、「アン・シリーズ」と呼ばれて親しまれている。

 日本では戦前、「アン」を原作とした米映画が公開されたことはあったものの、村岡花子が昭和27年に単行本として刊行したことで、若い女性を中心に多くの読者を獲得した。

村岡訳が刊行されたのは戦後間もなくで、少女の活躍する物語が少なかった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。