【ブラジルW杯】激戦必至の準々決勝、最大の注目はブラジル-コロンビアの“10番対決”

2014.7.4 09:27

決勝トーナメントの組み合わせ。表の日時は日本時間。SANSPO.comより

決勝トーナメントの組み合わせ。表の日時は日本時間。SANSPO.comより【拡大】

  • コロンビア戦に向け調整するブラジルのネイマール(右)ら=2日、リオデジャネイロ近郊(ロイター=共同)
  • コロンビア-ウルグアイ前半、ドリブルで攻め込むコロンビアのロドリゲス(右)=リオデジャネイロ(共同)
  • 後半、ナイジェリアのジョン・ミケル(左)と競り合うフランスのポール・ポグバ=現地時間30日(撮影・吉澤良太)
  • ドイツ-アルジェリア延長前半、ゴールを決め駆けだすドイツのシュルレ=ポルトアレグレ(共同)
  • オランダ-メキシコ前半、ドリブルで攻め込むオランダのロッベン=フォルタレザ(共同)
  • 後半、攻め込むコスタリカのキャンベル(中央)=レシフェ(共同)
  • アルゼンチン-イラン試合終了間際に決勝ゴールを決め、抱き合って喜ぶアルゼンチンのメッシ=ベロオリゾンテ(共同)
  • ベルギー-米国延長前半、2点目のゴールを決め駆けだすベルギーのルカク。米国GKハワード=サルバドル(共同)

 サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は4日(日本時間5日)から、8強による準々決勝が行われる。

【ドイツvsフランス】(5日午前1時~)

 ドイツとフランスの優勝経験国対決も、準々決勝ではもったいない顔合わせ。ともに攻撃的で、中盤から前めの選手が入れ代わり立ち代わりゴール前へ飛び出す攻撃は迫力満点。フランスのデシャン監督は「残りはすべて厳しい」と表情を引き締め、ドイツのレーウ監督も「W杯は公園を歩いているのではない」と苦戦を覚悟する。

【ブラジルvsコロンビア】(5日午前5時~)

 準々決勝の最注目は、ネイマールが得点を量産しているブラジルと世界的スターの一員になったロドリゲスが引っ張るコロンビアの南米対決だ。

 ともに22歳で背番号10。ネイマールは1次リーグからの全4試合に先発して計4ゴール。チリ戦で激しいタックルを受けて足を痛めたのは心配だが、悲願の自国開催優勝を成し遂げるためにその力は欠かせない。

 一方のロドリゲスも4戦連発の計5ゴールで得点王争いのトップを走る。圧巻はウルグアイ戦だ。浮き球のパスを胸でトラップし振り向きざまに左足を振り抜いて決めたゴールは、今大会のベストゴールとの呼び声も高い。

 ブラジルのスコラリ監督は「スピードのある選手がそろっている」と警戒。コロンビアはほぼホーム状態で戦ってきたが、ペケルマン監督は「ブラジル戦は別物」と完全アウェーの雰囲気を心配する。

【アルゼンチンvsベルギー】(6日午前1時~)

 大黒柱のメッシが4得点と絶好調なアルゼンチンに対し、アザールやデブルイネらを中心とした組織力が特徴のベルギー。アルゼンチンは2大会連続8強止まりで、サベラ監督は「夢は準決勝に進むこと」。ベルギーのウィルモッツ監督も「下馬評は不利でも勝つつもりだ」と自信をのぞかせる。

【オランダvsコスタリカ】(6日午前5時~)

 オランダはファンペルシーとロッベンの両エースがそれぞれ3得点をあげ好調、サプライズを演出してきたコスタリカのカウンターも切れ味抜群だ。オランダのファンハール監督は「最後まであきらめない」と決勝まで戦い抜くつもり。一方、初めて8強入りしたコスタリカのピント監督も「まだ戦える」と満足していない。(試合開始時間は日本時間)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!