ベネッセ問題、業界団体に情報管理徹底を要請へ 経産相方針 (1/3ページ)

2014.7.12 07:00

 ベネッセコーポレーションの顧客情報が大量に流出した問題で、茂木敏充経済産業相は11日の閣議後会見で、日本通信販売協会などの業界団体に対して再発防止を求める方針を表明。来週初めにも各団体の代表者を経済産業省に集め、個人情報保護法のガイドラインを説明するなどして情報管理の徹底を要請する。これを受け、同協会でも加盟各社に対し個人情報管理の徹底などを求めて行く予定だ。

 茂木氏はこの日の会見で「小中学生などの情報も含む760万件に及ぶ個人情報が流出したことは誠に遺憾だ」と強調。その上で、ベネッセに対し「これ以上の情報の流用を食い止めるとともに再発防止、顧客の信頼回復に全力で取り組むことが必要だ」と迅速な対応を求めた。

 ベネッセに対しては経産省が10日、詳細な事実関係や発覚前に講じてきた対策、再発防止策などについて17日までに書面で報告するよう指示している。

 また日本通信販売協会のほか、全国学習塾協会や全国学習塾協同組合に、個人情報の適切な取り扱いの徹底を要請する。

「来週初めには個人情報管理の確認要請を会員各社に出す」と強調

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。