日本海の津波、北海道で最大20メートル超 政府が初の想定公表 (1/2ページ)

2014.8.26 18:35

「日本海における大規模地震に関する調査検討会報告書」についての会見で記者の質問に答える阿部勝征座長(右)ら=26日午後、東京都千代田区(宮崎裕士撮影)

「日本海における大規模地震に関する調査検討会報告書」についての会見で記者の質問に答える阿部勝征座長(右)ら=26日午後、東京都千代田区(宮崎裕士撮影)【拡大】

  • 「日本海における大規模地震に関する調査検討会報告書」についての記者会見が行われた=26日午後、東京都千代田区(宮崎裕士撮影)

 日本海の大地震で起きる最大級の津波について政府の調査検討会は26日、国の想定を初めて公表した。近海でマグニチュード(M)7~8級の地震を起こす恐れがある断層を想定し、北海道から長崎県までの16道府県173市町村の津波高を推定。最大は北海道せたな町の23.4メートルで、東北や北陸の高い場所で15メートル前後、西日本で数メートルを想定した。これを基に日本海側の自治体で津波対策が本格化する。

 日本海には活断層タイプの断層が無数にある。検討会はこのうち日本の沿岸に津波が及ぶM6.8~7.9の地震を起こす60断層を想定。断層の動きをモデル化して計算し、沿岸を50メートルに区切って市町村別の津波高をそれぞれ算出した。

 北海道から東北、北陸にかけての海底は大きな津波を起こす断層が多く、最大津波高は北海道南西部で20メートル、青森県で17メートル、山形県で13メートル、石川県で15メートルを超えた。これに対し近畿から中国、九州は高いところでも5メートル前後で、「東高西低」の傾向が出た。

想定した断層はいずれも千年以上の長い間隔で地震を繰り返すとみられ…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。