ネット不正送金、日本を集中攻撃 新種ウイルス2万件、世界の8割占める

2014.9.15 08:00

 インターネットバンキングの正規サイトにログインするだけで犯罪者の口座に自動的に不正送金される新種のウイルスが5月以降、日本で2万件以上も検出されていることが14日、分かった。日本での検出件数が世界の8割程度を占め、集中的に狙われている実態が判明。警察庁は同ウイルスの被害を確認し、銀行も対応に追われている。

 ソフト会社、トレンドマイクロ(東京)が販売しているウイルス対策ソフトを使用するパソコンから検出、近く検出件数などを警察当局に報告する。

 新種ウイルスは、利用者が正規のネットバンキングのサイトにログインすると感染したパソコンが検知。自動的に他人名義の口座へ不正送金を命令する仕組み。

 5月に初めて国内で検出され現時点の検出件数は2万件を超えた。預金額の全額を一度に不正送金されたケースもあった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。