【ノーベル物理学賞】赤崎氏が会見「これ以上の名誉はない」

2014.10.7 20:51

会見する名城大学・赤崎勇終身教授=7日、名古屋市天白区の名城大学天白キャンパス(撮影・森本幸一)

会見する名城大学・赤崎勇終身教授=7日、名古屋市天白区の名城大学天白キャンパス(撮影・森本幸一)【拡大】

  • ノーベル物理学賞に決まり、記者会見する赤崎勇・名城大終身教授=7日夜、名古屋市天白区の名城大
  • ノーベル物理学賞に決まり、記者会見する赤崎勇・名城大終身教授=7日夜、名古屋市天白区の名城大
  • ノーベル物理学賞に決まり、記者会見に拍手で迎えられる赤崎勇・名城大終身教授=7日夜、名古屋市天白区の名城大
  • ノーベル物理学賞に決まり、記者会見する赤崎勇・名城大終身教授=7日夜、名古屋市天白区の名城大

 名城大の赤崎勇終身教授の記者会見での主なやり取りは次の通り。

 赤崎教授「半分サプライズで、これ以上の名誉はないと思っています」

 --受賞を聞いたときの状況と気持ちは

 赤崎教授「電話がかかってきたときは、私は書類の整理をしていました。2、3日前から、アメリカから自宅に電話がたびたびありまして、またそれかと思いましたが、ストックホルムということで、もしかしたら、というふうに思いました」

 --これまでの研究生活を振り返って思うことは

 赤崎教授「最初のころは、20世紀中にはできないだろうと当時言われておりましたので、どんどんやめていく人もいましたし、きつい状況でしたけれども、ちっともそういうことは考えませんでした。成否は別に考えておりませんでした」

 --若い世代の研究者に対してメッセージを

 赤崎教授「あまり偉そうなことは言えませんけれども、私がときどき言っているのは、あまりはやりの研究にとらわれないで、と。しかし、それを本当に自分がやりたいのであればやりなさい。それが一番だと思います。自分がやりたいことだったら、なかなか結果がでなくてもやり続けることができると思います」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。