空港の出入国審査 ヨコ→タテ並び型に改修、迅速化図る (1/3ページ)

2014.10.15 08:57

出入国審査ブースの改修・増設のイメージ

出入国審査ブースの改修・増設のイメージ【拡大】

 増加する訪日外国人の入国審査の待ち時間を減らすため、法務省は、国内空港の出入国審査ブースを「横並び型」から「縦並び型」に改修する方針を固めた。限られたスペースに約2倍の入国審査官を配置し、同じ時間内の審査人数を増やすことができる。海外旅行時に慣れ親しんできた「対面式」の入国審査の様子が様変わりすることになりそうだ。

 同省はこのほか、審査官の大幅増員や日本人の出入国審査の機械化など、東京五輪開催をにらみ、「観光立国」実現に向けた施策を次々と打ち出している。

 同省入国管理局によると、国内空港の出入国審査では、出入国者と審査官が正面から向き合う「対面式」が主流で、ほとんどのブースは「横並び型」に配置されている。これに対し、アジアのハブ空港であるシンガポールのチャンギ国際空港などでは、審査官が横向きで対応する「縦並び型」を採用。スペースを有効活用して審査を行っている。

縦並び型に改修すれば、約2倍の審査官が配置可能に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。