【生かせ!知財ビジネス】サウンドデザイン、魅力と商標テーマにシンポ (1/2ページ)

2015.2.7 05:00

サウンドデザインビジネスとその人材養成の支援の必要性について熱心に語るSSDSの前田修理事

サウンドデザインビジネスとその人材養成の支援の必要性について熱心に語るSSDSの前田修理事【拡大】

 サウンドデザインビジネスや、サウンドデザイナーの育成、支援へ向けた動きが始まった。昨年10月に設立された、一般社団法人「スマートサウンドデザインソサエティ」(SSDS、東京都渋谷区)は今月26日、中央大学理工学部(同文京区)で企業、専門家や学生などを集め、第1回SSDSシンポジウム「スマートサウンドデザインの魅力と音商標について」を開催、これを手始めに本格的な活動を開始する。

 同シンポでは、SSDSの設立趣旨や活動方針を説明して入会を募るほか、サウンドデザインビジネスの現況や特許庁が新設する音の商標権などについて解説する。

 サウンドデザインとは、聴覚を通じて人に美感などの感覚形成やイメージ連想を促したり、機能や情報を提供したりする動作音や合成音を創作、設計することだ。製品やサービス、ブランドなどの識別性を高め、差別化を図る技術としても世界中で注目されている。

 具体例として自動車のエンジン音合成がある。従来は気筒数や点火間隔などで調音したが、いまはコンピューターシミュレーションでエンジン音を合成できる。今後は静かな電気自動車や燃料電池車が主流になると予想され、エンジン音の代わりに好きな音源をユーザーが自由に選んだり、携帯端末で持ち込んだ音楽を運転状況に連動し、車の内外に効果的に流す研究が進んでいる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。