産経新聞前支局長の出国禁止憂慮 ソウル外信記者クラブ、朴大統領に書簡

2015.4.10 06:08

 韓国の外国メディアで構成する「ソウル外信記者クラブ」理事会は9日、名誉毀損(きそん)で在宅起訴された、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する出国禁止措置が長期化している状況に関し、朴槿恵(パク・クネ)大統領に憂慮を伝える書簡を厳在漢(オム・ジェハン)会長名で大統領府に送った。

 書簡はまず、昨年8月から続く加藤前支局長の出国禁止措置への憂慮を示すとともに、日本で加藤前支局長の80代の母親が1日も早い帰国を待ち望む中、出国禁止の延長措置が繰り返されてきたと指摘。一連の事態は、韓国で改善されてきた言論を取り巻く環境に悪影響を及ぼすと注意喚起している。

 また、産経新聞社が加藤前支局長の出廷を保証すると確約していると指摘した上で、朴大統領が外国メディアの懸念を十分に考慮することを望むとしている。

 加藤前支局長の現在の出国禁止措置は今月15日に期限を迎える。(ソウル 藤本欣也)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。