【消えた仮想通貨(中)】理想の通貨 投資家の熱気集中 「唯一故に世界最悪の取引所」 (1/2ページ)

2015.8.3 05:00

地検に送検するため万世橋警察署を出る、仮想通貨「ビットコイン」取引所・マウントゴックス社CEOのマルク・カルプレス容疑者を乗せた警察車両=8月2日午前、東京都千代田区(早坂洋祐撮影)

地検に送検するため万世橋警察署を出る、仮想通貨「ビットコイン」取引所・マウントゴックス社CEOのマルク・カルプレス容疑者を乗せた警察車両=8月2日午前、東京都千代田区(早坂洋祐撮影)【拡大】

 「1BTC=700ドル」「1BTC=650ドル」…。平成26年2月、貿易業で中国籍の湯順平さん(43)は、東京都内の事務所に置かれたパソコンの画面上で、急降下を続ける世界最大の取引所マウントゴックス社のビットコインの価格チャートを半ば呆然(ぼうぜん)としながら見つめていた。

 湯さんは国内で仕入れた腕時計などのブランド品を中国に通販サイトで販売する社員2人の貿易会社を経営。中国での売り上げの大半をBTCに交換して国内に送信し、換金していた。

 だが、マウント社に預けていたBTCは何度引き出し手続きを取っても進まない。預けた額は130BTC。当時の金額で700万~800万円。月の売り上げの7割にあたる金額だ。

 焦った湯さんはマウント社が居を構える渋谷区のビルまで急行したが、1階にいたビル管理会社の受付の女性が「会社には通せない。要件をメモに書いてください」と言うばかり。「BTCの引き出しが必要なんだ。大事な資金なんだ」。そう訴えても、のれんに腕押し。同月末、マウント社は破綻を公表した。

 「マルク・カルプレス容疑者が怪しいとは思っていた。何があったか説明し、少しでもいいから、早くカネを返してほしい」。湯さんはそう訴える。

× × ×

 「BTCは、インターネット以来の重要な発明だ」。BTCの愛好者はそう声をそろえる。そして、マウント社が破綻する26年2月までに、世界中の愛好者が、マウント社の取引所を通じて巨額の投資をBTCにしてきた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。