【高論卓説】五輪エンブレム問題に思う 「真似る」のは全て悪? 寛容も肝要 (1/4ページ)

2015.9.18 05:00

 先般、留学時代の友人のフランス人が来日して一緒に食事をした際に、彼が真っ先に心配そうに言ったことは、「東京オリンピックは大丈夫か?」ということであった。

 新国立競技場の問題が騒ぎになり、その熱も冷めやらぬうちに、今度は五輪のエンブレム制作者であるデザイナー、佐野研二郎氏の盗作疑惑が浮上。運営能力が最も高いと思われていた日本での相次ぐ不始末に対して、国際的にも意外感があるようだ。

 エンブレムに関しては、最初にベルギーの劇場のロゴとの類似問題が浮上した際は、正直、「あれくらい問題なかろう。難癖だ」くらいに思っていた人が多かったと思う。ただ、疑惑が続出し、世論的には完全にクロとなってしまった。結果として、佐野氏自らが「人間として耐えられないので」取り下げることとなり、当否の分からぬ非常に後味の悪い形となった。

知的財産権の議論を持ち出すまでもなく、他の作品のコピー&ペーストは…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。