鳥貴族と鳥二郎に続き…ラーメン店「丸源」vs「にく次郎」も 『酷似』訴訟勃発

2015.12.17 12:01

 ラーメンチェーン「丸源ラーメン」を運営する会社が、店構えやメニューが酷似しているとして、兵庫県西宮市でラーメン店を営む会社に、営業中止と約2400万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。提訴は16日付。

 原告は「物語コーポレーション」(愛知県豊橋市)。訴えられたのは「秀インターワン」(京都市)で、別に経営する「鳥二郎」をめぐっても、店構えが似ていると焼き鳥居酒屋チェーン「鳥貴族」(大阪市)に提訴され、11月に大阪地裁で和解が成立した。

 訴状によると、秀インターワンが2013年5月に開店したラーメン店「にく次郎 西宮店」の外観やメニューは、その前から周辺で営業する丸源ラーメンとそっくりで、営業妨害だと主張している。

 秀インターワンは「係争中なのでコメントは控える」とした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。