関大生が商店街の活性化に一役 お好み焼きに入刀、ユニーク結婚式 (1/4ページ)

2015.12.30 17:11

ケーキの代わりにお好み焼にコテを入れて「ケーキ入刀」する新郎新婦=5日午後、大阪市城東区

ケーキの代わりにお好み焼にコテを入れて「ケーキ入刀」する新郎新婦=5日午後、大阪市城東区【拡大】

  • 新婦が新郎の口にお好み焼を運ぶファーストバイト=大阪市城東区
  • 新郎新婦の人前式に、奥野隆司城東区長(左)も裁判長役でゲスト参加した=大阪市城東区
  • 新郎新婦の人前式に、奥野隆司城東区長(左)も裁判長役でゲスト参加した大阪市城東区
  • フラワーシャワーで祝福を受けながら、路地から商店街に設けられた会場に向かう新郎新婦=大阪市城東区

 関西大学の学生らのプロデュースのユニーク結婚式「大阪上等ウエディング」が今月、大阪市城東区の関目商店街で開かれた。お好み焼きにコテを入れ「ケーキ入刀」の代わりにするなど大阪らしいコテコテの演出でカップルの門出を祝った。シャッター通り化する商店街が増えるなか、関大の学生は4年前からこの商店街を盛り上げるイベントを仕掛けている。商店街と関大をつないだのは11月に急逝した大阪商工会議所の佐藤茂雄会頭=京阪電気鉄道最高顧問=だった。(中島高幸)

 商店街みんなで祝福

 「おめでとう」

 12月5日、関目商店街に特設された“結婚式会場”に祝福の声があふれた。

 今年2月に続く2回目の「大阪上等ウエディング」に臨んだのは、近くに住む弁護士の安田有次郎さん(36)と荒川奈津子さん(35)。地元で育った安田さんは関目商店街の駄菓子店によく通っていたことから人生の門出の場に選んだという。

 企画・進行は、関大政策創造学部で政策の立案やまちづくり政策について研究する深井麗雄非常勤講師のゼミ生らが担当。安田さんの職業にちなんで裁判風に進行。検察官役の参列者が「将来性や愛情に疑問がある」と“指弾”したが、裁判長役として登場した城東区の奥野隆司区長が「地元や新婦に対する愛情は相当強い。結婚許可の結論となった」と判決し、人前式の立会人代表となった。

商店街のお好み焼店が手掛けた三段重ねのお好み焼がケーキ代わりに登場

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。