日本初の「新元素」、理研に命名権 原子番号113番 「ジャポニウム」候補

2016.1.1 05:00

 理化学研究所は31日、原子番号113番の新元素を発見したのが理研であると国際的に認定され、元素の命名権を獲得したと発表した。物質を形作る最も基本的な要素である元素の発見は日本初で、アジアでも初めて。

 理研が命名する元素名は、教科書の「元素の周期表」に記載され歴史に残る。関係者によると、ジャポニウムなどの名前が候補に挙がっている。

 米国とロシアの共同チームも発見を主張して競争になっていたが、国際学会の「国際純正・応用化学連合」などの作業部会が審議。理研のデータが、確実性が高いと判断したとみられる。

 新元素は、原子核に陽子が113個ある。理研の仁科加速器研究センター(埼玉県和光市)で実験していた森田浩介氏(現・九州大教授)らのチームは2004年、原子核に陽子が30個ある亜鉛を、83個のビスマスにぶつけて核融合させる方法で実験。50兆回の衝突で1個の113番元素ができた。続いて05年、12年にも成功し、計3個を合成した。

 米露のチームは115番などの元素を合成し、それが崩壊する過程で113番も見つけたと主張していた。

 新元素の合成は、国の科学技術の総合力が試される「究極のものづくり」とされ、長年、米国やロシア、ドイツが競っていた。

                  ◇

【用語解説】元素

 身の回りに存在するあらゆる物を構成する基本的な要素。広辞苑では「万物の根源をなす究極的要素」と説明される。ギリシャ哲学では土、空気、火、水と考えられていた。元素の性質は、原子番号とともに周期的に変化する法則がある。その法則に従って元素を配置したのが「周期表」で、18世紀にロシアの化学者メンデレーエフが考案した。約100年前に日本人が43番元素を見つけたとしてニッポニウムと命名されたが、その後、43番元素ではないことが分かり取り消された。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。