トヨタ自動車が2連覇、コニカミノルタ2位 実業団駅伝

2016.1.1 17:06

笑顔でゴールするトヨタ自動車のアンカー・山本修平。2年連続3度目の優勝を果たした=群馬県庁前

笑顔でゴールするトヨタ自動車のアンカー・山本修平。2年連続3度目の優勝を果たした=群馬県庁前【拡大】

  • 1位でゴールし、チームメートと抱き合うトヨタ自動車のアンカー・山本修平(右)=群馬県庁前
  • 2年連続3度目の優勝を果たし、胴上げされるトヨタ自動車の佐藤敏信監督=群馬県庁前
  • 2位でゴールするコニカミノルタのアンカー・野口拓也=群馬県庁前
  • 3位でゴールするトヨタ自動車九州のアンカー・広末香=群馬県庁前

 全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに43チームが参加して行われ、トヨタ自動車が4時間52分15秒で2年連続3度目の優勝を果たした。

 21秒差でコニカミノルタが昨年に続いて2位となり、3位にはトヨタ自動車九州が入った。4位はホンダ、創部3年目のDeNAが5位と健闘した。6位は日清食品グループ、1999年以来の王座を狙った旭化成は7位に終わった。

 4区を終えて2位のトヨタ自動車は、5区で宮脇千博が2位に2秒差のトップに浮上。6区の田中秀幸が区間賞を奪って後続との差を広げ、逃げ切った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。