費用対効果1位は岡崎所属のレスター 英紙がプレミアリーグで

2016.1.4 10:52

 英デーリー・メール紙がこのほど、サッカーのイングランド・プレミアリーグで各クラブの勝ち点1獲得にかかる選手強化予算の「費用対効果」を算出し、FW岡崎慎司の所属する今季好調のレスターが1位で、最下位の20位は昨季覇者のチェルシーとなった。

 同紙によると、データは前半戦を終えた昨年12月末時点の数字で割り出した。近年のプレミアリーグは巨額なテレビ放送権料で潤い、クラブも豊富な資金力を持つが、レスターは選手人件費が計2750万ポンド(約49億円)と下から3番目の低コストで、勝ち点1当たり70万5128ポンド(約1億2500万円)の出費と見積もられた。2位にワトフォード、3位にクリスタルパレスが続いた。

 一方、各国のタレントをそろえるチェルシーは選手の強化費が計1億ポンド(約177億円)に上るが不振で、勝ち点1を得るのにレスターの約7倍の500万ポンド(約8億9千万円)を拠出している計算になった。マンチェスター・ユナイテッドは18位、リーグ1位で前半戦を折り返したアーセナルは13位だった。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。