文芸評論家、佐伯彰一氏死去 正論メンバー、三島由紀夫文学館初代館長 (1/2ページ)

2016.1.5 17:38

佐伯彰一氏

佐伯彰一氏【拡大】

 文芸批評、比較文化論など、国際派の知識人として幅広い活動を続けてきた文芸評論家で本紙正論メンバーの佐伯彰一(さえき・しょういち)氏が1日午後1時48分、肺炎のため死去した。93歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男、泰樹(やすき)氏。

 富山県出身。東大英文科を卒業後、ガリオア奨学金で渡米し、ウィスコンシン大大学院に留学。帰国後「現代英米小説の問題点」を著し、アメリカ文学論を研究テーマとした執筆を始めた。

 都立大教授をへて、東大教授、中央大教授を歴任。昭和37年以降、米国ミシガン大などで日本文学を講義。その経験からアメリカという鏡に映った像を通して日本文化や文学の特質に迫ろうとし、「日本を考える」などの著書を発表した。

55年、「物語芸術論」で読売文学賞、57年には批評家としての業績を…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。