大阪モノレール駅で点字運賃表に誤表示 過徴収の可能性

2016.1.5 17:21

 大阪高速鉄道は5日、大阪モノレールの駅の点字運賃表に誤表示があり、運賃を最大50円多く徴収していた可能性があると発表した。利用が確認できれば返金に応じる。

 同社によると、誤表示があったのは大阪府豊中市の少路駅と柴原駅の券売機横の運賃表で、点字部分の運賃が両駅で逆になっていた。少路-千里中央の本来の運賃200円を、250円と表示するなどしていた。

 2014年4月の消費税増税に伴う運賃改定で、運賃表を付け替えた際の確認が不十分だったとしている。視覚障害のある利用者が昨年12月末、少路駅で気付いて発覚した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。