軽井沢スキーバス転落 「雪が少ないので低運賃で」 基準額下回る運賃

2016.1.17 17:31

ガードレールを乗り越え横転したバス。クレーンにより引き上げられた車体は折れ曲がり窓は割れていた=15日午後、長野県軽井沢町(三尾郁恵撮影)

ガードレールを乗り越え横転したバス。クレーンにより引き上げられた車体は折れ曲がり窓は割れていた=15日午後、長野県軽井沢町(三尾郁恵撮影)【拡大】

  • クレーン車で国道に引き上げられたスキーバス。屋根がくの字にひしゃげている=15日午後1時21分、長野県軽井沢町(共同通信社ヘリから)
  • ガードレールを乗り越え横転したバス。バス車体を引き上げた後には車体の残骸や乗客らの持ち物などが地面に残されていた=15日午後、長野県軽井沢町(三尾郁恵撮影)
  • ガードレールを乗り越え横転したバス。バス車体を引き上げた後には車体の残骸や乗客らの持ち物などが地面に残されていた=15日午後、長野県軽井沢町(三尾郁恵撮影)
  • ガードレールを乗り越え横転したバス。無残な姿となった車体はブルーシートをかけられレッカーされた=15日午後、長野県軽井沢町(三尾郁恵撮影)
  • 無残な姿となったバス=15日午後、長野県軽井沢町(三尾郁恵撮影)
  • クレーン車で国道に引き上げられたスキーバス。屋根がくの字にひしゃげている=15日午後1時5分、長野県軽井沢町(共同通信社ヘリから)
  • 軽井沢スキーバス事故予定していたルートと、通った可能性のあるルート

 長野県軽井沢町で14人が死亡したバス転落事故で、スキーツアーを企画した旅行会社「キースツアー」(東京)からバスの手配を依頼された「トラベルスタンドジャパン」(同)が、キース社から国が定める基準を下回る運賃を提案されたと観光庁に説明していることが17日、分かった。

 今回のツアーは、バスの運行会社「イーエスピー」(同)が、国の基準料金(約27万円)を下回る約19万円でキース社から運行を受注していたことが明らかになっている。観光庁への説明によると、トラベル社はキース社から「今年は雪が少なくて客が少ない。客がなかなか集まらないので当面は低い値段でやってもらえないか」「雪が増えて客が集まれば運賃を上げる」と説明された。トラベル社は基準額を下回っていることを認識しながらイー社に伝えたという。

 イー社の営業部長は17日、「(基準を満たしているかどうかの)確認を怠っていた」と説明し「申し訳ありません」と謝罪した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。