ボクシング6階級制覇のパッキャオが引退表明 4月のブラッドリー戦が最後

2016.1.20 14:50

記者会見で引退を表明したボクシングのパッキャオ=19日、米ビバリーヒルズ(ゲッティ=共同)

記者会見で引退を表明したボクシングのパッキャオ=19日、米ビバリーヒルズ(ゲッティ=共同)【拡大】

 ボクシングの世界主要4団体で6階級制覇したマニー・パッキャオ(37)=フィリピン=が19日、ロサンゼルス郊外ビバリーヒルズで記者会見し、「この試合後にグローブをつるすのを幸せに思う。後悔はない」と話し、4月9日の試合を最後に引退することを表明した。AP通信が報じた。

 最終戦は過去1勝1敗のティモシー・ブラッドリー(米国)と米ラスベガスで闘う。貧しい農家の出身から英雄の地位を築いたパッキャオは、昨年5月に「世紀の対決」でフロイド・メイウェザー(米国)に判定負けした。「家族を助けたいと思ってボクシングを始めた。今度は自分の国を助けたい」と、引退後は母国での議員活動に専念する方針を示した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。