“号泣”元県議・野々村被告、強制出廷へ 神戸地裁が異例の勾引状 26日初公判 (2/2ページ)

2016.1.22 11:23

元兵庫県議・野々村竜太郎被告

元兵庫県議・野々村竜太郎被告【拡大】

  • 元兵庫県議・野々村竜太郎被告
  • 元兵庫県議・野々村竜太郎被告

 一方、同法は被告が正当な理由なく呼び出しに応じない場合、裁判所は勾引状を発布し、出廷させることができると規定。勾引状を執行する検察や警察が被告を強制的に裁判所に連れて行き、逃走の恐れがあれば勾留状により刑事施設で拘束することができる。

 事前に勾引状を執行して被告の身柄を確保し、刑事施設に勾留した上で裁判に出廷させることもあるという。

 起訴状によると、野々村被告は、実際には行っていない城崎温泉(兵庫県豊岡市)への「日帰り出張」を申請したり、金券の購入費を「切手代」として計上したりした嘘の収支報告書を県議会に提出。平成23~25年度の政活費計913万2050円をだまし取ったとしている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。