【大相撲初場所】琴奨菊が10年ぶり日本出身力士V 白鵬、豊ノ島ともに敗れる

2016.1.24 18:03

大相撲1月場所千秋楽優勝インタビューで笑顔の琴奨菊=24日、両国国技館(撮影・今野顕)

大相撲1月場所千秋楽優勝インタビューで笑顔の琴奨菊=24日、両国国技館(撮影・今野顕)【拡大】

 大相撲初場所は24日、両国国技館で千秋楽を行い、琴奨菊が豪栄道との大関対決を突き落としで制し、14勝1敗として大関在位26場所目で悲願の初優勝を果たした。日本出身力士として平成18年初場所の大関栃東以来、10年ぶりの優勝を成し遂げた。豪栄道は9連敗。

 日馬富士は白鵬との横綱対決に上手投げで勝った。日馬富士、白鵬はともに12勝3敗。鶴竜は大関稀勢の里に寄り切られて10勝5敗。稀勢の里は9勝目。

 2敗で優勝争いに絡んでいた平幕の豊ノ島は関脇栃煌山に突き出しで敗れ、12勝3敗で終えた。新関脇嘉風は勝ち越した。十両は元幕内の英乃海が11勝4敗で初優勝した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。