ながらスマホで山手線運転 乗客注意でポケットに…「何やってるんだ」

2016.1.27 21:20

 JR東日本は27日、男性運転士(41)が同日未明に山手線を運転しながら、私物のスマートフォンを使っていたと発表した。運転士はゲームの攻略サイトの動画を見ており、乗客に注意されてポケットにしまったというが、JR東は乗務から外し処分を検討する。

 JR東によると、運転士は27日午前0時45分ごろ、山手線外回りの田端駅停車中にかばんからスマホを取り出し使用を始めた。運転中は左手でハンドルを操作、右手にスマホを握りながら指さし確認していた。

 気付いた乗客が乗務員室の窓をたたき、運転士は使用をやめた。乗客は日暮里駅で降車した際、ホームから「何をやっているんだ」と注意した。

 乗務中のスマホ使用は禁止されている。運転士は調査に「魔が差した」と説明。JR東・東京支社は「指導を徹底する」とのコメントを出した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。