店舗拡大の中…「労務ルール認識不足」 ドンキが謝罪 

2016.1.28 16:03

 労使協定で定めた上限を超える長時間労働を従業員にさせたとして、大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の店舗責任者ら8人が書類送検されたことを受け、親会社のドンキホーテホールディングス(東京都目黒区)は28日、「グループ全体で労務管理に関する指導が不足していた」などとするコメントを発表し、謝罪した。

 コメントは「企業規模の拡大と業績の伸張に比して、グループ全体で労務管理に関する指導が不足しており、管理部門によるチェック体制の不備および現場管理者の労務管理ルールに関する認識不足があった」と分析。

 東京労働局は昨年6月、労働基準法違反の疑いで同社などを家宅捜索したが、これを受けて7月から、労働時間の管理や人員を見直し、長時間労働を発生させない制度と体制を整えたという。今後も定期的に労働局に報告し、指導を受けながら、再発防止策を徹底するとしている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。