アーツ証券、登録取り消し 債務超過隠し販売 レセプト債問題 (1/2ページ)

2016.1.29 19:34

 医療機関の診療報酬請求権を買い取り「レセプト債」と呼ばれる債券を発行していたファンドなどが破綻した問題で、証券取引等監視委員会は29日、債務超過の事実を隠して同債を販売していたとして、金融商品取引法に基づき、アーツ証券(東京都中央区)に行政処分を科すよう金融庁に勧告した。関東財務局は同日、同証券に対し金融商品取引業の登録を取り消すとともに、業務改善命令を出した。

 同債をめぐっては、ファンド3社と運用会社「オプティファクター」(東京都品川区)が昨年11月に約291億円の負債を抱えて破綻。約2470人に発行された227億円分の債券が償還されなくなっていた。

 監視委によると、アーツ証券は平成16年6月から、同債を販売していたが、遅くとも25年10月ごろまでに、オプティファクターの社長からファンドが債務超過状態にあることを知らされながら、投資家に「運用は安定している」などと説明して販売していたという。監視委はこうした行為が金商法が禁じる虚偽告知に当たると判断した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。