新元素名、4月までに提案 年内にも正式決定へ

2016.2.3 20:12

 理化学研究所は3日、日本で初めて命名権を獲得した原子番号113番の新元素について、名前と記号の案を4月1日までに決め、国際学会「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」に提出すると発表した。IUPACが半年かけて審査し、年内にも正式決定される見通し。

 実験グループを率いた森田浩介氏(現・九州大教授)に1月末、IUPACから4月1日までに元素名などを提案するよう正式な要請があった。森田氏とグループの研究者らが話し合い、案を決める。

 元素名は国名や地名、科学者の名前にちなむことが多い。理研は正式決定されるまで、考案した名前などは公表できないとしている。

 森田氏らは、埼玉県和光市にある理研の加速器で実験。平成16~24年に113番元素を3個合成し、発見者と認められた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。