X線天文衛星「アストロH」、今夕打ち上げ 宇宙の成り立ちに迫る

2016.2.17 13:49

エックス線天文衛星を搭載して打ち上げを待つH2Aロケット30号機=17日午前、鹿児島県の種子島宇宙センター

エックス線天文衛星を搭載して打ち上げを待つH2Aロケット30号機=17日午前、鹿児島県の種子島宇宙センター【拡大】

 エックス線天文衛星「アストロH」を搭載したH2Aロケット30号機は17日午前、鹿児島県の種子島宇宙センターで、今夕の打ち上げに向け最終作業に入った。

 30号機は午前5時14分、大型ロケット組立棟から発射地点へと移動を開始し、25分後に到着。午後5時45分の発射を目指して作業が続けられた。打ち上げを行う三菱重工業の担当者は「良い意味で淡々とやっていく。一つ一つ着実に作業を進め、打ち上げを成功させたい」と話した。

 アストロHは日本で6基目となるエックス線天文衛星。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が米航空宇宙局(NASA)などと共同で開発した。

 2種類の望遠鏡と4種類の検出器を搭載し、銀河団の超高温ガスが放射するエックス線のエネルギーを高感度でとらえ、宇宙の成り立ちに迫る。ブラックホールなどを観測し、極限状態での物理法則も探る。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。