小保方晴子氏を参考人聴取 ES細胞窃盗容疑の告発で兵庫県警

2016.2.18 17:29

小保方晴子氏=大阪市北区の新阪急ホテル【撮影日:2014年04月09日】

小保方晴子氏=大阪市北区の新阪急ホテル【撮影日:2014年04月09日】【拡大】

 STAP細胞問題の舞台となった神戸市の理化学研究所の研究室から胚性幹細胞(ES細胞)が盗まれたとする窃盗容疑での告発を受け、兵庫県警が、元理研研究員でSTAP細胞論文の著者だった小保方晴子氏(32)から参考人として任意で事情を聴いていたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警によると、理研側から被害届は出ていない。関係者から事情を聴く一環とみられる。

 理研の元研究者が昨年1月、容疑者不詳のまま告発状を県警に提出し、受理された。元研究者によると、告発状では、小保方氏がSTAP論文共著者の若山照彦氏=現・山梨大教授=の理研研究室に在籍していた2011年4月以降、何者かがES細胞を盗んだ、としている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。