最も遅い「流氷接岸初日」 北海道・網走で記録更新

2016.2.22 12:18

網走川河口に接岸した流氷=22日午前9時ごろ、北海道網走市

網走川河口に接岸した流氷=22日午前9時ごろ、北海道網走市【拡大】

  • 北海道・網走港に接岸した流氷。奥は流氷本体=22日午前9時ごろ

 北海道の網走地方気象台(網走市)は22日、オホーツク海の流氷が接岸して船舶が航行できなくなる「流氷接岸初日」を、網走市で観測した。昭和34年の観測開始以来、接岸が最も遅かった平成3年2月21日の記録を更新した。

 気象台によると、午前9時40分ごろ、気象台の屋上から、流氷の接岸を確認した。2月に冬型の気圧配置が続かず、北風が吹かなかったことで、接岸が遅れたという。平年より20日、昨年より34日遅い。

 網走市では、流氷が肉眼で見える「流氷初日」を、平年よりやや遅い1月28日に観測していた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。