「爆買い」でクルーズ船、列島「爆来」 東京、横浜では大型船が橋くぐれず

2016.2.25 09:27

福岡市の博多港に寄港した世界最大級のクルーズ船と観光客を待つバス=17日

福岡市の博多港に寄港した世界最大級のクルーズ船と観光客を待つバス=17日【拡大】

  • 福岡市の博多港でクルーズ船から下りて観光に向かう中国人客ら=17日
  • クルーズ船から下りて観光に向かう中国人客ら=19日、長崎市
  • 春節の7日、たくさんの荷物を手に東京・銀座の街を歩く中国人観光客

 外国から日本に入るクルーズ船の勢いが止まらない。寄港回数は、平成25年の373回から27年は965回(速報値)に急増。約17万4千人だった入国者数も、約111万6千人まで飛躍した。利用客の大勢を占める中国人の「爆買い」消費を取り込もうと、主要港は受け入れ拡大に向けた整備を急ぐ。

 博多港は昨年、外国籍クルーズ船が245回(速報値)立ち寄り、全国最多を誇った。今年は400回に達する予定だ。中国発のクルーズ船ツアーは5日ほどで東アジアを巡るコースが主流で、地の利のある九州や沖縄での寄港増が目覚ましい。沖縄の玄関口となる那覇港は、29年分の申し込みが受け入れ容量を大きく超え、47件を断った。東京港や横浜港、名古屋港では、大型船が港湾内の橋をくぐれず、貨物用の埠頭でしのいでいる。岸壁の拡張や強度向上に乗り出す港が相次いでいるほか、東京港はレインボーブリッジ、横浜港はベイブリッジの手前に旅客用ターミナルを数年内に新設する計画だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。