高浜原発4号機、発電機トラブルで緊急停止 外部に影響なし

2016.2.29 19:13

集まった報道陣に状況を説明する関西電力の木島和夫・原子燃料サイクル部長(右)ら=29日午後3時28分、大阪市内(柿平博文撮影)

集まった報道陣に状況を説明する関西電力の木島和夫・原子燃料サイクル部長(右)ら=29日午後3時28分、大阪市内(柿平博文撮影)【拡大】

 関西電力は29日、26日に再稼働した高浜原発4号機(福井県高浜町)で発電機のトラブルがあったため、原子炉を緊急停止したと発表した。原因は調査中で、原子炉側に問題はなく、放射性物質の漏(ろう)洩(えい)など外部への影響はない。

 関電によると、29日午後2時ごろ、タービンと発電機をつなぐ発送電開始の作業を始めた直後、発電機と変圧器の故障を示す警報が鳴った。発電機が自動停止した後、核分裂反応を抑える制御棒48本が原子炉に挿入されて停止した。

 関電は「原子炉の起動作業からやり直す必要がある」と述べ、3月下旬としていた営業運転の開始は遅れる可能性が出ている。

 原子力規制委員会は、原子炉等規制法に基づく法令報告事象に当たるとして、現地に保安検査官を派遣し、環境への影響がないかなど現場確認を行った。

 4号機では20日、1次冷却水漏れが見つかるトラブルがあった。配管の弁のボルトが緩かったことが原因で、関電は同様の弁の点検をし、26日に4号機を4年7カ月ぶりに再稼働。27日に核分裂が安定して持続する「臨界」に到達し、29日に発電と送電を始める予定だった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。