不正送金にフィリピンカジノの影 NY連銀口座、消えたバングラ資金 (1/4ページ)

2016.3.11 08:04

マニラ市内にあるカジノ&リゾート施設内のバー(ブルームバーグ)

マニラ市内にあるカジノ&リゾート施設内のバー(ブルームバーグ)【拡大】

 フィリピンでマネーロンダリング(資金洗浄)で最大級となるかもしれない不正事件には、ニューヨーク連銀にあるバングラデシュ中央銀行の口座から10億ドル(約1140億円)近くを盗み出す企てや、マニラのカジノに関係する中国系フィリピン人、あるいは緩いマネーロンダリング規制など、興味をそそられるエピソードが登場する。

 アキノ大統領にも傷

 それは同時に、5月のフィリピン大統領選挙を控え、退任するアキノ大統領の功績さえ傷つかせる恐れさえある。

 最初の舞台となったのは人口約1億7000万人のバングラデシュ。同国は最近、低賃金が支える輸出ブームと海外から国内への送金のおかげで外貨準備高が過去最高となった。一部の外貨準備資金はニューヨーク連銀にある口座に預けてあった。

バングラデシュのアブドル・ムヒト財務相は今週、この口座からの…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。