増産凍結に当面参加せず イラン石油相

2016.3.14 09:04

 イランのザンギャネ石油相は13日、同国の原油生産量が日量400万バレルに達しない限り、原油の増産凍結に参加しない考えを表明した。サウジアラビアとロシアが中心となって合意を目指す生産調整に当面は加わらない意向を示した。イランメディアが伝えた。

 国際エネルギー機関(IEA)によると、イランの2月の生産量は322万バレル。1月に欧米の経済制裁が解除され、50万バレルの増産を決めたが、前月に比べて22万バレル増にとどまった。

 主な産油国は20日にも会合を開き、原油価格の下支えを狙って、各国が1月の生産量を維持することを決めたい考えだ。これに対し、ザンギャネ氏は2月、増産凍結案について「ジョークに近い」と指摘し、否定的な姿勢を示していた。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。