山口組分裂で「拳銃の取引価格が急上昇」と暴力団関係者 抗争備え需要増 (3/3ページ)

2016.3.15 05:46

事始め式を終え、名古屋市の本家に戻る山口組の篠田建市組長=13日、JR新神戸駅

事始め式を終え、名古屋市の本家に戻る山口組の篠田建市組長=13日、JR新神戸駅【拡大】

 暴力団関係者は「まだまだ静か。絶縁だ、破門だとしているのに、今の状況は続かない。道具(拳銃)は必須。続けて大きな音(発射音)がせずに済むわけがない」と話す。

 山口組はかつて、4代目組長就任をめぐり、離脱した「一和会」との間で過去最悪の対立抗争事件「山一抗争」(昭和60~62年)が発生。山口組の4代目組長が射殺されるなど25人が死亡、数十人が負傷した。山一抗争の一連の事件の銃器使用率は約84%に上った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。