囲碁AI対決、中国でも高い関心 「中国人棋士にも挑戦させてほしい」

2016.3.16 15:16

囲碁ソフト「アルファ碁」との対局を終えた李世〓(石の下に乙)九段=15日、ソウル(グーグル提供・共同)

囲碁ソフト「アルファ碁」との対局を終えた李世〓(石の下に乙)九段=15日、ソウル(グーグル提供・共同)【拡大】

 囲碁ソフト「アルファ碁」と韓国人プロ棋士、李世●(石の下に乙、イ・セドル)九段の対局は、囲碁の盛んなアジアを中心に世界で高い関心を集めた。囲碁発祥の地とされる中国では、国営中央テレビが連日中継して経過を伝えた。

 中国では教育の一環として、子供を囲碁教室に通わせる家庭も多い。短文投稿サイトの微博(ウェイボ)には「李さんはよく戦った」とたたえる書き込みや「中国人棋士にも挑戦させてほしい」との声が寄せられた。

 国営通信新華社は15日に配信した評論で「将来的には『アルファ医療』『アルファ交通』などが現れるかもしれない」として、人工知能(AI)が今後、社会のさまざまな領域で活用されるとの見方を伝えた。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。