ソロス氏、民主候補に献金 トランプ氏阻止へ巨額15億円

2016.3.17 05:00

 ニューヨークの資産家、ジョージ・ソロス氏が11年ぶりに大型の政治献金を再開し、ヒラリー・クリントン氏とその他民主党候補者に寄付した。2004年の大統領選でジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)の再選を阻止しようと記録的な額を献金したソロス氏は、政治的にはリベラル派として知られる。

 今年の大統領選に向けてソロス氏が費やした、あるいは支出を約束した政治献金は1300万ドル(約15億円)を超え、先の大統領選2回分の総額を既に上回っている。

 先週には、ヒスパニック系住民および移民の投票促進を目的にソロス氏自らが資金を出している団体についてコメントを発表。この中で共和党の候補指名を争っているドナルド・トランプ、テッド・クルーズ両氏を名指しで批判。「共和党の予備選が進む中で反移民、反イスラム教徒の表現が強まっているのは言語道断だ。トランプ、クルーズ両氏から許しがたい表現や提案が繰り返されるのを放置しておくわけにはいかない」と述べた。

 ソロス氏の広報担当と政治顧問を務めるマイケル・バチョン氏は「献金額が増えた理由は一つではない。クリントン氏の支持は理由の一つであり、他の候補者の論調も動機になった」と述べた。(ブルームバーグ Zachary R. Mider)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。